« 「小山右人個展」に出品の絵 テンペラ混合技法による幻想絵画 | トップページ | ウィリアム・ブレイクの画集と、ETAホフマンの原書 夢の絵画 »

描きつつ絵が語りだす物語世界 内面の絵画 心の深層の絵

 深海から水面へ弾け出したような大きな泡の中に閉じこもり、何やら俯くような少女の姿がある。その周りを、不安定な高台に乗った人物達が取り囲む。薄い泡の皮膜から少女が出るように促すようでもある。外側から何やら力を与えるようでもある。少女が閉じこもる皮膜の中には真紅の花も咲き果実も実っている。成熟と脱皮は近いのかもしれない‥‥。しかし、答えは作者にもわからない。少しずつ、単調にならないようにこの作品を育てながら明日も描き続ける

Photo_11

|

« 「小山右人個展」に出品の絵 テンペラ混合技法による幻想絵画 | トップページ | ウィリアム・ブレイクの画集と、ETAホフマンの原書 夢の絵画 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

TBに誘われて、ちょっとお邪魔します。私がアートに興味を持ったそもそものきっかけは、高校生の時に一人で見に行った展覧会【アンドリューワイエス展】でした。テンペラ画というのを知ったのもその時です。京都を一人で散策してみたかっただけなんですが・・・。何かに動かされるというのは、こういうことなんですね。(笑)今は織物をやってます。

投稿: ORIBITO | 2005年8月 1日 (月) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/5178279

この記事へのトラックバック一覧です: 描きつつ絵が語りだす物語世界 内面の絵画 心の深層の絵:

« 「小山右人個展」に出品の絵 テンペラ混合技法による幻想絵画 | トップページ | ウィリアム・ブレイクの画集と、ETAホフマンの原書 夢の絵画 »