« 安藤忠雄設計 淡路夢舞台 | トップページ | 新しい作品を目指して今年も »

Exposition de peinture de de'trempe YUJIN KOYAMA 柔らかなテンペラ画の世界

テンペラ絵画個展 

新しいカメラで、個展に出品した作品の中央部分を撮ってみました。RIMG0041 柔らかなテンペラ画のディテールも鑑賞いただけると思います。RIMG0051 両脇の天使のような女性が捧げ持つ壷から光や蝶や花弁が溢れ、渦巻きながら豊饒の池と大地に吸い込まれていく部分に特に手数を要しました。黄金の光の渦の中に点描的な手法でアクセントを入れていくところが微妙でもあり日々深みが増していく楽しい部分でもありました。

 光の渦の周りには、亜熱帯の植物園で一瞬過った夢のような陶酔の中に浮かんだ幻の情景を浮遊させました。RIMG0045 圧倒的な生命力を感じさせる植物の繁茂と咲き乱れる花々の鮮やかさがなんともいえません。そんな楽園の中で、好きな動物たちと戯れる夢が好きです。濃いブルーの背景に、淡い星影が浮かぶ情景に、むしろ北方的な作品だと、個展の会期中におっしゃった方が何人かいらっしゃったのは意外でした。

RIMG0044 RIMG0046 RIMG0047 RIMG0048 RIMG0050

以前のカメラに比べて、細部がより明瞭にご覧にいただけますでしょうか?

「アジアの土から生まれた女神と命の物語」

個展全体の様子はホームページをご覧くださいhttp://homepage2.nifty.com/yujin-koyama/index.html

|

« 安藤忠雄設計 淡路夢舞台 | トップページ | 新しい作品を目指して今年も »

「ギャラリー」カテゴリの記事

「個展」カテゴリの記事

「創作」カテゴリの記事

「幻想絵画」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「物語」カテゴリの記事

「画廊」カテゴリの記事

「神話」カテゴリの記事

「絵画」カテゴリの記事

「美術」カテゴリの記事

コメント

本当に夢のような素適な絵ですねぇ。全画面拡大すると細部もとてもきれいでびっくりしました。私はテンペラで描くとガサガサになってしまうので、こんな柔らかな感じが出せたらいいなと思います。

投稿: aboyan | 2005年11月18日 (金) 03時53分

TBありがとうございます。ステキですね。いつもぎゃらりぃ朋で個展されているのですね。次回開催時には伺います!

投稿: sayaka | 2005年11月22日 (火) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/7166675

この記事へのトラックバック一覧です: Exposition de peinture de de'trempe YUJIN KOYAMA 柔らかなテンペラ画の世界:

» インターネット美術館 [画廊YAMAの絵画とBS ]
インターネット美術館(無料開示…将来の公共設備として?)を提案します。 JIJIは、外国語アレルギー(むしろ、コンプレックス?)でこの企画を大きくする 能力は有りません、共鳴して下さる方の、お知恵ご意見をお聞かせ下さい、、、 諸?外国の美術館は、入場無料が普通で…ルーブル美術館でさえ、日曜日は一般公開 しているのだそうですねっ!... [続きを読む]

受信: 2005年11月27日 (日) 16時29分

« 安藤忠雄設計 淡路夢舞台 | トップページ | 新しい作品を目指して今年も »