« 夏目漱石 三四郎が歩いた町「GALLERY藍染」での個展も間近です | トップページ | 日本芸術療法学会(花村誠一先生会長)のポスター「夜の想い」夜の幻想画ーアートセラピー、芸術による癒し »

GALLERY藍染(台東区池之端 三四郎の歩いた道)での個展 新鮮な体験でした

 ちょうど十回目になる個展でしたが、由緒ある日本家屋のギャラリーというのは経験がなくて、初めてのような新鮮な体験でした。(10月18日~23日 GALLERY藍染にて)

 たぶん、古典技法のテンペラ絵画と和室は良く合うだろうと、おぼろげにイメージしていましたが、実際に展示してみるまでは、見当もつかない部分もありました。

 しかし、展示したときの写真をご覧ください。

Exposition Yujin Koyama

Gallery Aisome(Ikenohata Tokyo Japan)

Fantastic Picture of Japan

Rimg0749 Rimg0766 Rimg0768 Rimg0775 Rimg0793 Rimg0851_2

 昭和六年に建築された日本家屋の温もりの中に、一日ごとに絵も溶け込んでいくような感じがしました。とりわけ、時間の移ろいの中で、庭からの外光を受けて、画面の色彩、絵の存在感も変わっていくのが、ビルの中の画廊では体験したことのない感動でした。

 ギャラリーのご主人様に、細かいお心遣いをいただき、貴重な機会をお与えいただきましたことに大変感謝しております。また、ご来場いただきました皆様から、このような画廊での展示が意外で、作品とも雰囲気が合っていると、おっしゃっていただけたのが、何よりも嬉しかったです。

 文学的情趣豊かな池之端の町に建つこの家屋について、十一月十日土曜日のテレビ東京、「出没アド街ック天国」で紹介されるそうです

Photo_8 

「繁茂」(Exube'rance テンペラ混合技法 10号Mキャンバス)

今回の案内状に使用した作品です。沖縄にはじめて行って、植物や生命の繁茂に圧倒されたとき、なぜか子供のころ、貝殻や虫が宝物だったときのことを鮮明に思い出す、恍惚の体験をしました。

|

« 夏目漱石 三四郎が歩いた町「GALLERY藍染」での個展も間近です | トップページ | 日本芸術療法学会(花村誠一先生会長)のポスター「夜の想い」夜の幻想画ーアートセラピー、芸術による癒し »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

yuさんのblogにお邪魔しました。
今回の個展を拝見できず本当に残念です。
yuさんの夢幻の世界とこのレトロな日本家屋が
どんな世界を創り上げていたのか写真で
想像するだけです。
来年の5月の個展楽しみにしております。

これからもご活躍を!

投稿: Ciel | 2007年10月30日 (火) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/16909744

この記事へのトラックバック一覧です: GALLERY藍染(台東区池之端 三四郎の歩いた道)での個展 新鮮な体験でした:

« 夏目漱石 三四郎が歩いた町「GALLERY藍染」での個展も間近です | トップページ | 日本芸術療法学会(花村誠一先生会長)のポスター「夜の想い」夜の幻想画ーアートセラピー、芸術による癒し »