« まさに幻想美術館、横須賀美術館から観音崎あたり 建築と幻想 | トップページ | 新しい日に向かって »

響け!「マルドロールの歌」(ロートレアモン)Les Chants de Maldoror 詩と幻想絵画

幻想絵画と詩歌の交感

響け!「マルドロールの歌」Les Chants de Maldoror

新春のコラボレーション・コンサートに、ロートレアモン(Isidore Ducasse)の「マルドロールの歌」を想いました。

 Marie PARRA-ALEDO氏が来日の際に、フランスからのお土産にいただいたGallimard版とGF-Flammarion版は、珠玉の宝物として、机の脇の書棚にはいつも置いています。

 今日は特に、この毒気さえ帯びた深い叫びが心の中に響き渡り、新春のコンサートホールに響く幻想的な音色を強く喚起しました。

Photo

ニューイヤーコンサート(Collaborate with Music & Painting)

Takayoshi Yoshioka New Year Marimba Concert

2008年1月6日(日)14時開演(13:30開場)

東京文化会館小ホール

全自由席 前売り¥4000(当日¥4500)

|

« まさに幻想美術館、横須賀美術館から観音崎あたり 建築と幻想 | トップページ | 新しい日に向かって »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/17484323

この記事へのトラックバック一覧です: 響け!「マルドロールの歌」(ロートレアモン)Les Chants de Maldoror 詩と幻想絵画:

« まさに幻想美術館、横須賀美術館から観音崎あたり 建築と幻想 | トップページ | 新しい日に向かって »