« 横須賀美術館から見える東京湾のきらめきに感じる幻想音楽とクリスマスイブのポリフォニー | トップページ | 響け!「マルドロールの歌」(ロートレアモン)Les Chants de Maldoror 詩と幻想絵画 »

まさに幻想美術館、横須賀美術館から観音崎あたり 建築と幻想

Yokosuka Museum and Kannonzaki(Kanagawa Japan)

 マリンバとピアノによる幻想音の響きは、快晴の観音崎あたりの海と空に感じる音色と共鳴するようにも感じられます。

 東京近郊ながら、亜熱帯の異国情緒漂う眺めを覆う空は、広いホールの天蓋に変わり、上野のホールで演奏される音楽がそのまま広がっていくように感じずにはいられませんでした。

(観音崎京急ホテルのロビーからの眺め)

まさに幻想美術館、横須賀美術館と、そこからの東京湾の眺め

Rimg1414 Rimg1415 Rimg1418 Rimg1419 Rimg1441

ニューイヤーコンサート

2008年1月6日(日)14時開演(13:30開場)

東京文化会館小ホール

全自由席 前売り¥4000(当日¥4500)

|

« 横須賀美術館から見える東京湾のきらめきに感じる幻想音楽とクリスマスイブのポリフォニー | トップページ | 響け!「マルドロールの歌」(ロートレアモン)Les Chants de Maldoror 詩と幻想絵画 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/17473485

この記事へのトラックバック一覧です: まさに幻想美術館、横須賀美術館から観音崎あたり 建築と幻想:

« 横須賀美術館から見える東京湾のきらめきに感じる幻想音楽とクリスマスイブのポリフォニー | トップページ | 響け!「マルドロールの歌」(ロートレアモン)Les Chants de Maldoror 詩と幻想絵画 »