« 「遠野物語」柳田国男著(岩波文庫)に読みふける日曜の朝ー東北の地に溢れる妖怪、霊魂、不思議な現象への興奮 | トップページ | ETAホフマンの「砂男」と柳田国男の「遠野物語」を併せ読む面白さ »

大正の鬼才ー「河野通勢」展(渋谷区立松涛美術館)-「竹林之七妍」がとくに気に入りました

 大正の鬼才ー「河野通勢」展(渋谷区立松涛美術館)Kouno Michisei に行ってきました。

 画家自身、独自の技法を磨いて自信を持っていたとのことで、新発見の一連の作品には興味深く楽しめるものがありました。

 静物や風景、人物画に、基礎的な技術力と個性が滲むのを感じました。私はとくに独特の細密銅版画と、一部の想像力を駆使した油彩に惹かれました。

 「竹林之七妍」と題した十号ほどの油絵は、もっとも興味を引かれた作品でした。竹林を背景に、西洋東洋の美神が、独自の風俗の衣装で細密に描かれている幻想性に惹かれました。もしこの路線で、この画家がたくさんの作品を残していたら、大画家として称せられていたことでしょう。しかし、この一点だけでも、いっとき別世界に遊ぶ時間を楽しむことができました。

|

« 「遠野物語」柳田国男著(岩波文庫)に読みふける日曜の朝ー東北の地に溢れる妖怪、霊魂、不思議な現象への興奮 | トップページ | ETAホフマンの「砂男」と柳田国男の「遠野物語」を併せ読む面白さ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/41850544

この記事へのトラックバック一覧です: 大正の鬼才ー「河野通勢」展(渋谷区立松涛美術館)-「竹林之七妍」がとくに気に入りました:

« 「遠野物語」柳田国男著(岩波文庫)に読みふける日曜の朝ー東北の地に溢れる妖怪、霊魂、不思議な現象への興奮 | トップページ | ETAホフマンの「砂男」と柳田国男の「遠野物語」を併せ読む面白さ »