« 大場冨生(おおば とみお Tomio Ooba)木版画展・清宮質文(せいみやなおぶみ)の木版画の温かみをふと思い出しましたーー幻想絵画的な雰囲気とテンペラ画の絵肌 | トップページ | 幻想画家の銀座散歩・「工芸名品展」和光本館・「中村太樹男絵画展」松屋銀座・「赤津純子万華鏡作品展」松屋銀座 »

幻想小説「グラディーヴァ」(W・イェンゼン 種村季弘訳 作品社)の面影を求めてーー古代ローマ帝国の遺産・栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ展

幻想小説「グラディーヴァ」(W・イェンゼン 種村季弘訳 作品社)の面影を求めてーー古代ローマ帝国の遺産・栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ展(国立西洋美術館 上野)

 ここ一ヶ月あまり、ブログを更新せず失礼いたしました。お問い合わせや、励ましのご連絡をいただきまして誠にありがとうございました。少々長めの原稿にかかっていまして、更新が遅くなってしまいました。熱いご期待をいただいておりますことに、この場を借りまして御礼とお詫びを申し上げたいと存じます。

 さて、そんな訳で、是非見たいと思っていた展覧会も、最終日に駆け込むこととなりました。

 私の偏愛する、ポンペイを舞台にした幻想小説「グラディーヴァ」の面影を、垣間見たいと思っていました。日曜日ということもあって、会場はとても混雑していました。Rimg4237

 火山灰に埋もれた街から出土したフレスコ画や、宝飾品などは、とても二千年近くも前のものとは思われない鮮やかさを保っています。とくに現代の製品にもひけを取らない精密な日用品などは、当時の人の息遣いをふと甦らせます。

 小説の中の若く想像力に富んだ考古学者、ノルベルト・ハーノルトが、冥府の花アスフォデロスをそっと手渡した、サンダーレをはいた足でこれ以上はない美しい歩みをする美女の影は、果たしてこれらの物に触発されて現れたのではないでしょうか? 発掘されたポンペイの目抜き通りの写真があり、その石畳の上に、幻想小説の一場面を思い描いてしまいました。

 美しくたおやかなヴェスヴィオ山が、ある日突如噴火して人々の生活を封じ込めてしまった悲劇の物語と、そこから発掘されるタイムスリップした生活跡の驚きが、心の奥から夢が発掘され、甦ってくるような名作を生んだのではないでしょうか。

 改めて小説の場面をいちいち思い浮かべながら展覧会と重ね合わせてみる楽しみの時間を過ごしました

人気ブログランキングへ

|

« 大場冨生(おおば とみお Tomio Ooba)木版画展・清宮質文(せいみやなおぶみ)の木版画の温かみをふと思い出しましたーー幻想絵画的な雰囲気とテンペラ画の絵肌 | トップページ | 幻想画家の銀座散歩・「工芸名品展」和光本館・「中村太樹男絵画展」松屋銀座・「赤津純子万華鏡作品展」松屋銀座 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/47019089

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想小説「グラディーヴァ」(W・イェンゼン 種村季弘訳 作品社)の面影を求めてーー古代ローマ帝国の遺産・栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ展:

« 大場冨生(おおば とみお Tomio Ooba)木版画展・清宮質文(せいみやなおぶみ)の木版画の温かみをふと思い出しましたーー幻想絵画的な雰囲気とテンペラ画の絵肌 | トップページ | 幻想画家の銀座散歩・「工芸名品展」和光本館・「中村太樹男絵画展」松屋銀座・「赤津純子万華鏡作品展」松屋銀座 »