« 日本精神病理・精神療法学会のポスター | トップページ | 個展出品作「ねじれた惑星」の部分 »

どのような絵画になるのでしょうか?:個展の中心作をようやく三面並べられるところまで来ました

Photo_4  「ねじれた惑星」(変形60号テンペラ混合技法、キャンバス)

 難渋して紆余曲折に苦しんだ中心の三面作も、なんとか試しに並べてみることができるところまで達しました。細部がよく見えずごめんなさい。後の記事でまたお伝えしたいと思います。

 今年の猛暑で体調が思わしくなかったこともあって、完成できるかどうかも心配でした。それでも、温かいお言葉と励ましをいただきまして、ここまでなんとか到達することができました。友人や家族、美術関係の皆様の熱い心をここまで感じたことは、これまでありませんでした。

 あとは少しリラックスした雰囲気で今回の個展を迎えたいと思います

|

« 日本精神病理・精神療法学会のポスター | トップページ | 個展出品作「ねじれた惑星」の部分 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

秋の個展の計画を寒い頃うかがっていましたが、その後足音もなく、どうしていらしゃるのかとあんじていました。
着々と準備が進んでいるようで安心しました。
この先も制作があるのですか、それとも、もうすべて制作済みですか。
あと一カ月少しでお披露目のようですね。
お疲れがでないよう元気なお姿でオープンしてくださいね。

投稿: ももちゃん | 2010年10月16日 (土) 20時49分

Detail ga clear ni narunoga taihen tanoshimidesuyo.

投稿: Ojima Shizuka | 2010年10月18日 (月) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/49731150

この記事へのトラックバック一覧です: どのような絵画になるのでしょうか?:個展の中心作をようやく三面並べられるところまで来ました:

« 日本精神病理・精神療法学会のポスター | トップページ | 個展出品作「ねじれた惑星」の部分 »