« 物語と絵画:どんな絵に発展するのでしょうか?お待たせしました、第二段 | トップページ | どのような絵画になるのでしょうか?:個展の中心作をようやく三面並べられるところまで来ました »

日本精神病理・精神療法学会のポスター

Photo 第三十三回日本精神病理・精神療法学会(花村誠一会長)のポスターに、拙作「スフィンクスの苦闘」を御採用いただきました。これは以前にもお伝えしましたが、実際のポスターと、学会会場での様子です。Photo_2

 謎深い多面の顔を持つスフィンクスが、今回の精神病理のシンポジウムでのキーワードにもなったということで、タイムリーなテーマの作品だったと、花村先生から熱いメッセージをいただいてました。

 Photo_3 この絵画は、小説の拙作「ネペンテス」の主人公、スフィンクス兄貴をイメージしてかつて描いたものです。多面の人格と好奇心を持つ不思議な兄貴とのネペンテスの領域に籠った兄弟が繰り広げる様々な人間的実験と冒険の物語です。2

(スフィンクスの苦闘:原画:テンペラ技法:F4号キャンバス)

|

« 物語と絵画:どんな絵に発展するのでしょうか?お待たせしました、第二段 | トップページ | どのような絵画になるのでしょうか?:個展の中心作をようやく三面並べられるところまで来ました »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

Sphinx no kunou ha 2003nen no koten no e desuka? Manmos no Kiba no shousetsu no ato, naze Sphinx nanoka kyoumi wo oboeta kioku ga arimasu. zehi original wo mitemitaimonodesu.

投稿: Ojima Shizuka | 2010年10月13日 (水) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/49699923

この記事へのトラックバック一覧です: 日本精神病理・精神療法学会のポスター:

« 物語と絵画:どんな絵に発展するのでしょうか?お待たせしました、第二段 | トップページ | どのような絵画になるのでしょうか?:個展の中心作をようやく三面並べられるところまで来ました »