« 安らぎの風 | トップページ | キャンバス下地作り:幻想絵画、細密画のための:絵の描き方の基礎 »

銀座画廊巡り:アンヘル・ブスカは水面の描き方卓抜:絵画鑑賞

 きょうは仕事の途中で銀座を通りましたので、駆け足で画廊をめぐりました。午後から雨もあがって幸いでした。

「アンヘル・ブスカ展」Angel Busca ギャルリーためなが:スペインリアリズムの旗手と銘打っているだけあって、さすが。壁や柱廊の粉っぽい感触の素晴らしさもさることながら、水のうるんだ感じは圧巻。

「長谷川浩子木彫展」ギャラリー77:白く不思議な滑らかさを帯びたオブジェ。木彫の柔らかさも伝わってくる。

「レオナルド・藤田の裸婦像」日動画廊:一点だけ展示されていた名品。円熟期の名作とのこと。

「ビュッフェ展」Bernard Buffet ギャラリー白石:特徴的な黒い線描が際立った小品から大作まで。

「神下雄吉(こうげゆうきち)油絵展」和光本館:オーソドックスな油絵展。熟練を感じる。小豆島の風景が懐かしかった。

「佐々木アリス展」ぎゃらりぃ朋:若々しい色彩の今後の発展が楽しみ。先日当画廊でデビューした原田圭さんと、東北芸術工科大学洋画大学院で同級生とのこと。共々ご発展をお祈りいたします。
                                                                            2011年5月30日記

|

« 安らぎの風 | トップページ | キャンバス下地作り:幻想絵画、細密画のための:絵の描き方の基礎 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/51819860

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座画廊巡り:アンヘル・ブスカは水面の描き方卓抜:絵画鑑賞:

« 安らぎの風 | トップページ | キャンバス下地作り:幻想絵画、細密画のための:絵の描き方の基礎 »