« YUJIN KOYAMA BLOG | トップページ | 青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅その1 »

小説「孵化」のフランス語への翻訳が始まりました

小説「孵化」のフランス語への翻訳が始まりました

 マリー・パラ・アレド(Marie Parra-Aledo)氏の二十年に渡る日仏現代美術の交流をまとめた本に、拙作「孵化」の冒頭部分がフランス語に翻訳され紹介されました。
 氏とは三十年余りに渡って「パリ東京5人のアーティスト展」、「今日の美術を考える会」はじめ、美術文化交流の仕事をしてきました。
 今回、2009年に発行した絵と小説で構成した画本「孵化」が氏の目に止まり、翻訳の運びとなりました。
 このたびは冒頭部分のみのご紹介となりますが、この夏以降全体の翻訳に取り掛かると、氏が強い意欲を示してくれているのが大変心強いです。詩人でもある氏のフランス語に翻訳された小説をご堪能下さい。
 冒頭部分を、原本と同時に掲載します。

Éclosion, nouvelle, 2007, texte et tableau
Koyama Yûjin et Aruto,

Traduction,Marie Parra-Aledo

Je ne pensais pas souffrir autant, être mentalement à ce point
démoli, je devrais plutôt dire. Et cet état, c’était lui qui en était la
cause. Je devrais même dire exactement que toujours et de cette
même façon c’était lui qui me retournait toujours le ventre.
Il y a longtemps, au lycée, il était déjà là que l’on voyait comme
un petit génie et il était là, jetant sur moi son ombre noire. Là, à
pleurer sur ses origines sociales et sur cette énergie qu’il ressentait
accumulée en lui, de génération en génération, avec une angoisse
qui lui devenait insupportable. Ce qu’il voulait et que personne ne
soupçonnait, c’était faire bouger les gens, faire monter la pression
dans leur sang comme l’artiste fait voler son énergie dans la folie
de sa toile jusqu’à ce qu’elle se propage dans l’air. À cette époque,
mon savoir et ma curiosité n’étaient que superficiels. En définitive,
qu’étais-je pour lui, si ce n’est une connaissance qui ne tenait pas à lui.
Ce fut un délire monstrueux. Je crus vivre au coeur d’un cyclone, me
croyant pris dans le cauchemar depuis dix jours alors qu’il ne dura
peut-être pas plus de quelques heures. Je touchais le fond de la plus extrême
violence. J’essayais de m’arracher à ce cauchemar où il me semblait
percevoir quelque chose de temps en temps, lui avec une femme.
Et lorsque j’arrivai à dormir, jamais je ne fus tant tourmenté
par des rêves. Parfois, je me voyais en une fraction de seconde
me rapetisser à l’infini. Les ténèbres m’engloutissaint et je remontais
le cours des temps en tourbillonnant. Je me trouvais
alors impuissant et dans un état quasi végétatif. Cet homme
manipulait les illusions mais il avait réussi à travailler. J’aurais
dû me méfier de lui. À présent, il n’y avait rien à regretter.
Après avoir été baigné dans cette étrange et éclatante lumière, je
voulais conserver mon apparence physique. Ce n’était plus qu’une
question de temps. La fin arriverait quand le dernier de mes neurones
claquerait. Jour après jour, je vivais dans un malaise et un sentiment
de panique. Personne ne comprenait mon incapacité. Moi, ne
faisant que me lamenter et me sentir bon à rien

「孵化」、2007年、小説の抜粋と絵画
             小山右人と有人

私の精神が、ここまでやられるとは思わなかった。
完膚なきまでに狂わされたと言ってもいいだろう。
それも、あの男のせいだ。彼が例の変てこな腹を炸
裂させたせい、と言った方が正確かもしれない。
なにせ、何十年に一度の秀才と、高校では皆に崇めら
れながら、一方であの男は、その眼でたえず自分の裂
け目を見詰め、ついに家系の奥底に悲嘆の叫びを聞くに
至り、代々鬱積した全エネルギーを爆発させたのだか
ら、たまったものではなかった。世の中に人の気を揺さ
ぶり、狂ったように絵を描きまくらせたりする妖気が
人の血にふいに凝縮したり、時には空気中に怪しく揺
らぎ繁殖の機会を窺っていることなど、私も含めて誰
も知る由もなかっただろう。そんなところへ、私は生
半可な知識と好奇心で近付き過ぎてしまったものだか
ら、たまったものではなかった。ひどい錯乱だった。
私には十日も嵐の中にいたように感じられたが、彼と
女が、極限に達していた悪夢の源を臓腑の奥から絞り
出そうと、激しくもつれ合う姿が時々目に入ったから、
実は数時間の出来事に過ぎなかったのかもしれない。
しかし、どんなに寝苦しい夜にも、自分が瞬時に
一兆分の一にまで縮んで闇に吸われていったり、
グルグル回転してひたすら進化の道を逆さに転落
し、ナマコのような生き物になってしまう呪縛に
苛まれる夢などを次々に見たことはなかった。
あの男は、夢の法則を越えた幻を操り、生活の糧を得る
ところにまで達していたのだから、私はもう少し用心す
べきだった。しかし、もはや後悔しても始まらない。
あの怪しい閃光の炸裂を浴びてしまった後、私はかろうじ
て外側だけは自分を保っているつもりだが、それさえ覚束
なくなるのも時間の問題だろう。そうだ、かろうじて残っ
た最後の神経線維がプツンと切れてしまったらおしまいな
のだ。あれ以来、ただでさえぐうたらな生活を送っている
私に、周りの者たちがどんな冷ややかな眼を向けることに
なるか。私は不安に脅え、もう誰も理解してくれない不甲
斐なさを嘆くばかりの日々が続いている。

Photo 

|

« YUJIN KOYAMA BLOG | トップページ | 青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅その1 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/52013390

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「孵化」のフランス語への翻訳が始まりました:

« YUJIN KOYAMA BLOG | トップページ | 青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅その1 »