« 小説「孵化」のフランス語への翻訳が始まりました | トップページ | 高島野十郎展(石橋美術館)に出会うー青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅2 »

青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅その1

Rimg5847  真夏の福岡、駆け足の訪問でしたが、偶々高島野十郎の展覧会や、熱気あふれる山笠の祭りなどとも重なって、密度の濃い旅になりました。
 とても一回では書き切れそうもないので、何回かに分けて記します。
 久留米市の石橋美術館は、前庭に広いバラ園がある美しい美術館でした。周りは手入れの行き届いた庭園に囲まれています。Rimg5787
 この美術館で拙作と対面できてとても感動的でした。作品は、ギャラリーに入ってすぐの左側の展示室にありました。
 競争の激しい公募展のためでしょうか、他の画家は出展規定ギリギリの大作で出品しているところへ、ぼくは変形キャンバスで小さめでした。その分部屋の奥の真ん中に展示してもらえたようです。
 Rimg5789 抽象画が多いのは、この展覧会の傾向でしょうか。その中でも、キャンバスの大きさといい、表現といい自分流を貫いたのを選んでもらえたのはよかったです。
 広々とした展示室で、水鳥の遊ぶ庭園から射し込む豊かな光りも受けて作品も映えるようです。Rimg5803
 東京からはるばる来た旅路も忘れて、いつまでもくつろいでいたい雰囲気でした。Rimg5827

|

« 小説「孵化」のフランス語への翻訳が始まりました | トップページ | 高島野十郎展(石橋美術館)に出会うー青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅2 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/52206202

この記事へのトラックバック一覧です: 青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅その1:

« 小説「孵化」のフランス語への翻訳が始まりました | トップページ | 高島野十郎展(石橋美術館)に出会うー青木繁記念大賞西日本美術展を訪ねる旅2 »