« 花翔る精、命迸る花々の妖精:幻想画家ユージンの新たな華やぎの系譜:花の幻想絵画 | トップページ | ペガサス、どこまで舞い上がるか:絵の冒険の始まり:細密画の描き方:絵画の構想の仕方 »

「夢のイストワール展2」:幻想絵画の展覧会:ペガサスや妖精、花々がすでに群れ飛んで

Photo

「花翔る精」小山右人作
(テンペラ混合技法 キャンバス 葉書大)



 松岩邦男氏から、昨年に引き続いて「夢のイストワール展」への出品のお誘いを受けた。来年の一月に大崎のO美術館にて開催される。
 現在中心テーマになっている華やぎの系譜を存分に展開したい。
 生きているだけでも感謝で一杯の今、生命の迸る華やぎをあふれんばかりに描きたい。それがメッセージです。
 ペガサスや妖精、花々がすでに頭の中に群れ飛んでいる。それを早くキャンバスの上に実現したい。
 展覧会をお楽しみに!

「夢のイストワール展2」
O美術館(山の手線大崎駅徒歩2分)
2012年1月20日(金)~25日(水)

|

« 花翔る精、命迸る花々の妖精:幻想画家ユージンの新たな華やぎの系譜:花の幻想絵画 | トップページ | ペガサス、どこまで舞い上がるか:絵の冒険の始まり:細密画の描き方:絵画の構想の仕方 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/52704658

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢のイストワール展2」:幻想絵画の展覧会:ペガサスや妖精、花々がすでに群れ飛んで:

« 花翔る精、命迸る花々の妖精:幻想画家ユージンの新たな華やぎの系譜:花の幻想絵画 | トップページ | ペガサス、どこまで舞い上がるか:絵の冒険の始まり:細密画の描き方:絵画の構想の仕方 »