« 「夢のイストワール展2」:幻想絵画の展覧会:ペガサスや妖精、花々がすでに群れ飛んで | トップページ | 往診で歩く残暑の街 »

ペガサス、どこまで舞い上がるか:絵の冒険の始まり:細密画の描き方:絵画の構想の仕方

 

Photo

下地ができあがったキャンバスに、中心のペガサスを描き始めた。どこまで舞い上がり、どんな絵になるか、まったく未知数だ。
 ぼくの絵の場合、全体をきっちり構想してから描き始めることはほとんどない。どこへ向かうかはわからない。冒険の緊張感が付きまとう。
 この絵を豊かな華やぎに充ちたものにしたい。基本的なイメージはある。
 今までの絵画を突き破る豊かさへ開かれていく予感はある。心の中で殻が破られたわくわく感がある。
 段階的に展開を紹介してゆきたいと思う

|

« 「夢のイストワール展2」:幻想絵画の展覧会:ペガサスや妖精、花々がすでに群れ飛んで | トップページ | 往診で歩く残暑の街 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/52729074

この記事へのトラックバック一覧です: ペガサス、どこまで舞い上がるか:絵の冒険の始まり:細密画の描き方:絵画の構想の仕方:

« 「夢のイストワール展2」:幻想絵画の展覧会:ペガサスや妖精、花々がすでに群れ飛んで | トップページ | 往診で歩く残暑の街 »