« 残暑の恵み:幻想絵画の発想・着想 | トップページ | 幻想絵画に憑かれ、えい痴れる:秋の精緻な花 »

夏の名残・秋の実り:幻想絵画に憑かれ酔い痴れる

 

Rimg6733


 猛暑のため、今年の夏は桃が豊作でした。お陰で、故郷
では存分に味わうことができました。透明感のある白く甘
い桃、すぐに変色する砂糖のように甘い桃、歯ごたえある
固さのもの、桃にも色々な種類と味わいがあるものですね。
 

Rimg6734

季節も移ろい始め、秋の実りが届くようになりました。
 涼しくなったアトリエでは、制作への集中の度合いが違
います。豊かな実りの力に突き動かされて、画面に飲み込
まれる深さも異なります。時間もいつのまにか過ぎて、こ
のまま画面の世界に入り込んでいられたら、という思いが
込み上げてきます。様々の煩いの重みを免れ、えい痴れる
気持ちに飲み込まれて、筆を走らせてしまっているのがこ
の季節です

Rimg6735



小山右人個展
2013年4月10日(水)~20日(土)日曜休み
ぎゃらりぃ朋
東京都中央区銀座1-5-1 第3太陽ビル2F
電話 03-3567-7577

Photo_2

「花翔る精」F0号 

 

|

« 残暑の恵み:幻想絵画の発想・着想 | トップページ | 幻想絵画に憑かれ、えい痴れる:秋の精緻な花 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/55750519

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の名残・秋の実り:幻想絵画に憑かれ酔い痴れる:

« 残暑の恵み:幻想絵画の発想・着想 | トップページ | 幻想絵画に憑かれ、えい痴れる:秋の精緻な花 »