« 画竜点睛 | トップページ | 人の心を打つ秘密 »

絵と友情に捧げる素晴らしい詩をいただきました!

Photo

 フランス語のレッスンも、先生の帰国によって一区切りを迎えることになった。
 このフランスの好青年から素晴らしい詩をいただいた。美しい韻を踏んだ構成の整った絶妙の詩。
 友情を発見し、ぼくの幻想画の紺碧の中に紛れ込み、幻獣とともに大都会や世の煩いを忘れてさらに偉大な友情を見いだしていくという趣旨の詩。
 こんなに心籠もった貴重な贈り物を、かつていただいたことがあっただろうか?
 誰彼となく見せて回りたくなる誘惑を押さえ難い。四月の個展では、親しい人に是非読んでほしい。

 ぼくにとってフランス人は概して恐い存在で、とっつきにくい。だが、どうしてここまでフランス語にこだわるかというと、たった一人の掛け替えの無い友人と偶然出会ったからだ。一人の人間が自分をこんなに変えるものかという驚きが三十年あまり続いている。
 そして新たな親友を得た。
 最後のレッスンの後、カフェで話そうということになった。お互いの創作に関わる方法とか、ヨーロッパと日本の神秘の数々……。話題は尽きず、日曜日の午後、渋谷のカフェを移動しつつ六時間あまりも話し続けた。それでもまだ尽きず、帰国直前にもう一回話そうということになった。
 ジョイスの短編で、不思議な青年が作家の前に現れ、神秘な話を始める場面をふと思い出した。

|

« 画竜点睛 | トップページ | 人の心を打つ秘密 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
素晴らしい詩の贈り物とamitiesをとても
うらやましく思いました。芸術と
日本を愛するフランス人の感性には通じるものが
あるような気がします。
私のある先生は「サモトラケのニケ」も知りませんでしたけど。(^-^;

投稿: Ciel | 2013年2月27日 (水) 17時49分

Cielさん、お久しぶりです。偶然というのは素晴らしいですね。ぼくを深く信頼してくれる青年に出会えたのは幸運でした。この次は、建築とか現代美術から始まって、また話が尽きないと思います。楽しみです。

投稿: yujin | 2013年2月28日 (木) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/56843844

この記事へのトラックバック一覧です: 絵と友情に捧げる素晴らしい詩をいただきました!:

« 画竜点睛 | トップページ | 人の心を打つ秘密 »