« 精神医学の学会ポスター | トップページ | 小説「珠」スペイン語への翻訳が始まりました! »

書いてみたかった美しい女性の幽霊が出てくる小説

美しい女性の幽霊が出てくる小説 

長い間、美しい女性の幽霊が出てくる小説を書いてみたかった。元々幻想的な表現の嗜好はあったし、その極地に彼岸が輝いて見え、そこに美しい女性の幽霊が君臨していたからだ。 そうかといって、小説の中で、リアリティある存在に仕上げるのは至難の技だった。
 それが今回、自分の主要な関心である創造性の魂と絡み合って実現した。
 あまりにも自分の創造力を意識し、偏愛する画家である主人公の妄念の内に、亡くなったはずの最大のライバルである美しい女性画家が現れる。主人公の最大の価値観であり、存在の核心といってもいい至宝の「珠」を、亡霊は、格段に透徹した眼差しで付け狙う。異界の眸に睨まれた主人公は、ひとたまりもなかった。

Roman du fantôme d'une belle femme

 Je voulais écrire depuis longtemps le roman du fantôme d'une belle femme. Originairement j'ai aimé l'expression fantastique. Il a paru que le prochain monde a étincelé dans la région polaire. Le fantôme d'une belle femme l'a domine là.
Cependant, c'était difficile de donner la réalité dans un roman.Mais je pourrais le laisser associer à une âme de l'originalité ce temps et venir vrai. C'était mon principal intérêt.Le peintre du caractère principal est existence partielle conscient d'aussi sa créativité. Sur ses pensées sans rapport, l'âme partie du beau peintre de la femme qui était le plus grand rival paraît.L'âme partie a visé la meilleure "perle" du trésor du caractère principal avec une apparence tranchante. C'était le plus grand sens de valeurs du caractère principal et était le coeur de l'existence. Il n'avait que peur et secoué.
("PERLE" Koyama Yujin/ Apple iTunes store)

Perlyujin_koyama

|

« 精神医学の学会ポスター | トップページ | 小説「珠」スペイン語への翻訳が始まりました! »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/60633442

この記事へのトラックバック一覧です: 書いてみたかった美しい女性の幽霊が出てくる小説:

« 精神医学の学会ポスター | トップページ | 小説「珠」スペイン語への翻訳が始まりました! »