« 日本病跡学会のポスター | トップページ | 新しい絵の構想 »

イタリアでの絵画・ヴィデオ個展

イタリアのアバノでの絵画・ビデオ個展に向けて、やっとビデオの素案がまとまる。フランスの友人の了承も得られて、今後キャプションと音楽入れの共同作業に移る。

日本での報告展を兼ねて、丁度いい具合に渋谷のギャラリーカフェでの個展及び国際パーティーの日取りがきまる。10月24日土曜日、19:00~21:00、渋谷区渋谷1ー17ー1、TOC Dai2bildg 7F/702 たくさんの外国人アーティストとの交流も兼ねて、多くの人に集まってもらいたいものだ。

先週の銀座でのフランス人との夕食会は、好ましいものだった。長い行列の出来るフレンチレストランを、心得た人が予約していてくれた。話も弾み、料理とお値段も好評だった。ぼくは、鶉のフォアグラ詰めの丸焼きが一番美味しかったかな。

フランス語のレッスンで、著名な演出家の奥様と再会できて、さっそくぼくの小説「珠」の書評を依頼する。快く受けてくださったが、その後沈黙。その他精神病理のエキスパート、小児科医の権威にも依頼しているが、やはり沈黙。日本人はやはり控えめで慎重なのか。フランスの友人は、二日で感動の連絡をくれて、二カ月あまりでフランス語に翻訳出版してくれた。その後スペイン語版も直ちに出してくれた。我が日本の反響を静かに楽しみに待ちたい。

|

« 日本病跡学会のポスター | トップページ | 新しい絵の構想 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/61986216

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアでの絵画・ヴィデオ個展:

« 日本病跡学会のポスター | トップページ | 新しい絵の構想 »