« 小説「声」の日本語ペーパー版 | トップページ | 声 »

Novel "Voice" 小説「声」

私が小説「マンモスの牙」にて新潮新人賞デビューした際は、主にアメリカにて評価され読まれましたので、アメリカ在住で覚えてらっしゃる方、いらっしゃるかもしれません。不思議な友人、超新星が空間の中に潜む人生の謎を、奇妙な姿勢を取りながら解き明かしていくという少し幻想的な小説でした。今回の小説「声」は、初めての愛の告白を拒絶されたことによって声を失った青年の、回復の格闘の中で、声の本質にまで遡っていく展開になっています。("Koe" Yujin Koyama : Amazon.com)

When I made a debut at the Shincho Newcomer Prize at the novel "Mammoth Tusk", it was mainly evaluated in the United States and read, so maybe someone who remembers in the United States. It was a little fantastical novel that we will unravel the mystery of the life that the mysterious friend supernova lurks in the space while taking a strange attitude. The novel "voice" of this time is a development that goes back to the essence of the voice in the fight of recovery of the young man who lost voice by being refused the confession of the first love of love. ("Koe" Yujin Koyama : Amazon.com)

|

« 小説「声」の日本語ペーパー版 | トップページ | 声 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122514/65256456

この記事へのトラックバック一覧です: Novel "Voice" 小説「声」:

« 小説「声」の日本語ペーパー版 | トップページ | 声 »