南極の氷のかけらー氷河期の気泡が入った極上のチューハイ

 船乗りの知人から、南極の氷のかけらをいただく機会に恵まれました。さて、何万年も昔の気泡が入った氷は、どんな味がするでしょう?

 さっそく頬ばってみて、まったく癖のある匂いも味もしない、氷と水の純粋な味わいにびっくりしました。濁りない冷たさが口腔から広がって、気持ちまでハイに澄み渡るようです。

「こんな透明感のある色彩を出したい」

 また大きなモチベーションを与えられたようです。

 チューハイに浮かべた氷は、まさに宝石のように感じられました。

Rimg3458 Rimg3461

 














Tensinomizuoto 氷と響き合うのは、やはりこの作品でしょうか

「天使の水音」

Yujin Koyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)